成人年齢が18歳に引き下げられたことを受け、静岡県警下田警察署は看護学生を対象に講話を開き、性被害にあわないための対策を呼びかけました。

アダルトビデオへの出演の強制やJKビジネスなどによる性被害を防止するための講話で、下田看護専門学校の1年生35人が参加しました。

民法の改正によって成人年齢が18歳に引き下げられ、18歳、19歳は、保護者の同意なく契約した場合に契約を取り消せる「未成年者取消権」の対象外となりました。

担当者は対策として、気軽に個人情報を教えないことや契約書にサインしないことなどを伝えました。