熊本県内に数多くある老舗、新たな強みを見つけようと挑戦しています。

■ほっとする味 カフェで老舗の味を楽しんで!


まずは、熊本県玉名市にあるこちらの店。

リポーター
「すごく綺麗なカフェですね。老舗と聞いてきたんですが?」

中山大吉商店 4代目 中山 憲征さん
「味噌の製造・販売を行う『中山大吉商店(なかやまだいきちしょうてん)』がカフェをオープンしました」

明治44年創業の老舗の4代目中山憲征(なかやま けんせい)さん。老朽化した建物を去年改装する際に新たに挑戦したのがカフェ「大吉茶寮(だいきちさりょう)」です。

中山さん
「味噌の売り上げがどうしても年々下がっていて、店舗にくるお客さんも減っている状況がありまして、店の味噌を直接食べてもらうのが一番大事かなと思ってカフェにしました」

ランチメニューは1種類のみ。麦麹と米麹を合わせた店の看板商品「大吉味噌」を使った豚汁と七城米(しちじょうまい)ヒノヒカリのおにぎり。

100年以上続く老舗の味は?

リポーター
「塩気も強くないと言いますか、すごくまろやかな優しい味噌の味がします。何よりのごちそうですね。おいしい」

ランチ以外には5種類のスイーツメニューも。

来店者
「若い人がこうやって頑張ってくれると、この町も元気づきますし大変いいことだと思います」

カフェを始めるにあたって先代たちは?

中山さん
「反対とかもあったんですけど、新しいことに挑戦するっていうのは大事だという風に先代からも聞いていたので、その後は協力しながら。今後はランチメニューが1種類のみなので、味噌を使った他の料理とかも考えていけたらなと思っています」