おととし、生まれて間もない娘を死なせ、遺体を遺棄したとされる技能実習生だったベトナム人の女の裁判員裁判です。被告は、なぜ、こうなる前に周囲に相談したり、助けを求めたりできなかったのか…。事件の背景に浮かんでくるのは、「技能実習生」特有の事情です。

□ 病院を受診できず

被告が、最初に産婦人科を訪れたのは、妊娠初期にあたる2020年春。広島市内のクリニックでは診察されたものの、日本語がわからないために詳しい診断内容は理解ができないまま、東広島市内の病院を紹介されました。


しかし、その病院では、「言葉のわかる付き添いが必要」だとして診察してもらえなかったといいます。


ベトナム人の当時の同僚や交際していた男性には付き添いを断られ、会社や監理団体には結局、言い出せずに時が経ちます。


臨月が迫った秋ごろ、再び、その病院を訪れ、携帯の翻訳アプリを使って「赤ちゃんが元気かどうか見てもらいたい」と希望を伝えたそうですが…。


弁護士
「なんと言われたんです?」


スオン被告
「『一緒に付き添いを連れてこないといけません』と言われて、帰りました」


弁護士
「ほかの病院に行こうとは考えなかったんですか?」

スオン被告
「仮に行ったとしても、わたしは日本語がわからないから、どうせ受診できないだろうと思いました」

弁護士
「2回目も断られて、どんな思いになりましたか?


スオン被告
「とても悲しかった。そして全てが嫌になってしまいました」

結果的にスオン被告は、会社の寮で1人で出産しました。