参議院選挙が22日公示され、大分選挙区には過去最多の6人が立候補しました。各候補の第一声と訴えです。

大分選挙区に立候補したのは届出順に
無所属 新人・小手川裕市さん (55歳)
自民党 新人・古庄玄知さん (64歳)
NHK党 新人・二宮大造さん (51歳)
共産党 新人・山下魁さん (45歳)
国民民主党 現職・足立信也さん (65歳)
諸派 新人・重松雄子さん(63歳)

(無所属・小手川裕市さん)「全力で県民の皆さんに訴えていきたい。格差是正や世界平和のために日本は何ができるのか」
元別府市職員の小手川裕市さんは市民活動家として環境や原発問題などに取り組んできました。格差社会の是正や自民党政治の打破などを訴えています。
「まずは消費税を廃止すること。そして子供たちの教育費をすべて無償にする、大学や専門学校を含め無償にする。約30年間の間に進んだ非正規社員化・非正規社員という働かせ方を私は変えていきたい」

(自民・古庄玄知さん)「故郷、大分のために是非、私を働かせてください。恩返しをさせてください」
2016年の選挙では1090票差で足立さんに敗れた自民党・新人の古庄さん。およそ500人が集まった出陣式では力強く決意を訴えました。
「格差をどうやって是正していくかと生まれた環境や家によってその人の一生が格差が生じてしまうというのは何としてでも是正しなければならない。その対策や格差是正に必要な施策を実現していきたい」

(NHK党・二宮大造さん)「大分県民の皆さまが団結して、これまで変わらなかった日本の政治をようやく変えるチャンスだと思いますのでご協力の方お願いします」
NHK党・新人の二宮さんは国民1人あたりに毎月10万円を支給するベーシックインカム制度の導入を強く訴えます。選挙運動は行わずSNSで政策を発信します。
「生活保護制度も働いたら減額とか打ち切られるとか厳しい制度なので、そういうことがないようにベーシックインカムだったら打ち切られることはないので変えていきたい」

(共産・山下魁さん)「憲法のかかった大事な選挙。憲法をしっかりいかして物価の高騰、国民の暮らしを守る新しい政治を作っていく」
共産党・新人の山下さん。憲法改正の阻止や消費税の減税などを訴え、比例票の上積みとともに支持拡大を呼びかけました。
「第一の物価高対策として消費税を5%に減税することが大事だと思っています。9条は日本を守るための最大の力なので9条をいかした積極外交、東南アジアで行っている外交によって平和を守るのが一番の道だと思う」

(国民・足立信也さん)「この国の安全保障・社会保障どんな姿がいいのかみなさん私と一緒に考えてくれませんか」
国民民主党・現職の足立さんは4選を目指す戦いです。3期18年の実績と医療・福祉分野の専門知識をはじめとした未来志向の政策を訴えています。
「この3年間は実は日本の将来を決めるのにあたって大変大切な時期だと思う。日本の現状と将来を見据えた議論をしてくれる人するべき人を選んでいただきたい」

(諸派・重松雄子さん)「何代も何代も日本が続くようなそういう国作りを微力ながら尽くしていきたい」
政治団体「参政党」から出馬した重松雄子さんは大分市で第一声を上げ、教員や食育セミナー講師の経験から安全で豊かな食環境の実現を訴えます。
「日本がものすごく危機的状況にある滅亡の危機。いつも言っているが第一次産業の復興、食べ物が非常に大事。国防上も重要であると強く訴えていきたい」

今回の参院選で定数1の大分選挙区には過去最多となる6人が立候補。乱立の構図となっています。県内の有権者数は21日現在で95万4136人。前回3年前の参院選に比べて1万5000人あまり減っています。

参院選は23日から期日前投票がはじまり、7月10日に投票と開票が行われます。