本格的な夏に向けておすすめのご当地ひんやりグルメを紹介。今回は大分県由布市から「そうめん」の話題です。

九重連山・黒岳の麓。豊かな自然に包まれた旅館「黒嶽荘」の名物は湧き出る天然の炭酸水にさらしてさっぱりと味わう「そうめん」です。炭酸水の中に並んだ特製の器にゆでたそうめんを入れて、こだわりの麺つゆで一気にすすると独特の口当たりが清涼感を誘います。

(食べた人)「美味しいですね。なんとも言えないこの炭酸泉がいいです。口の中でシュワっとした感じがします。夏はここでそうめんを食べるのが最高でしょうね」

また、天然の炭酸水は体にやさしいと評判で、遠方からも多くのファンが訪れます。

(旅館黒嶽荘・江藤光男代表)「標高も高いですし、緑いっぱいでマイナスイオンもいっぱいです。冷たい炭酸水そうめんを食べていただき、体の中からひんやりして欲しいですね」

独特の爽快感を楽しめる名物炭酸水そうめん。食べると身も心も涼やかになります。