22日に公示される参議院議員選挙に向けて、大分県警察本部と県内15の警察署で、選挙違反取締本部が設置されました。

選挙違反を取り締まる県警察本部捜査2課では岡田英一次席が、参議院選挙違反取締本部設置にあわせて看板を掲げました。県警察本部では195人態勢、県内の15警察署では全署員態勢で選挙違反の取り締まりを強化します。

県警によりますと、今回の参議院選挙に関する選挙違反の警告件数は15日までに法定外文書の頒布と事前運動であわせて2件に上っていて、3年前の同じ時期と比べると1件減っているということです。

県警察本部の松田哲也本部長は「選挙の公正を著しく害する事案に重点を置いて取り締まりを実施する」とコメントしています。