長崎県内では5日新たに213人の新型コロナウイルス感染者が発表されました。
新たに感染が発表されたのは、県内の11市5町で、あわせて213人です。

市町別では、
長崎市50人
大村市47人
佐世保市46人
佐々町18人
諫早市14人
壱岐市と雲仙市でそれぞれ6人
島原市と西海市、長与町、時津町でそれぞれ4人
平戸市と松浦市でそれぞれ3人
川棚町2人
五島市と東彼杵町でそれぞれ1人です。

先週の日曜日と比べると53人、減少しています。
また10歳未満と10代の感染者があわせて100人と、全体のおよそ半数を占めています。

新たなクラスターも確認されています。
佐世保市では県立学校の1クラスで職員と生徒合わせて6人が感染。
このクラスでは現在も学級閉鎖が行われています。

また、壱岐市の高齢者施設では職員3人と利用者5人の感染を確認。
施設では4日から新たな利用者の受け入れを停止しています。