今年9月23日に開業する西九州新幹線について、JR九州が申請した料金が27日、認可されました。
また、開業に向けた『新たな市民参加型イベント』の概要も発表されました。


27日、認可された西九州新幹線の料金は、
いずれも自由席で
長崎から武雄温泉までが3070円、
長崎から博多までが現在より460円高い、5520円になります。

JR九州は、今後、事前予約やネット予約などの割引料金についても検討を進める方針です。

JR九州 古宮 洋二社長は「開業まで残り4か月を切った。引き続き、ダイヤの検証や、割引切符の価格設定など、開業に向けた準備を着実に進めるとともに、機運を盛り上げていきたい」としています。


またJR九州では開業に向けて「かもめ」の車両がやってくるのを歌や踊りでお祝いする市民参加型イベント「かもめ楽団」の参加者の募集を27日から開始しました。


7月の第一弾は海上輸送中の「かもめ」を長崎港などで迎え、8月の第二弾では特別運転の「かもめ」を各駅で出迎えます。


一方、JR九州高速船は新幹線開業で期待が高まる長崎観光を盛り上げようと、今年7月16日と8月11日に『クイーンビートル』を博多~長崎間で運航すると発表しました。


所要時間は片道3時間40分で、料金は大人が1万1000円、小学生は5500円となっています。