長崎県内では23日、新たに144人の新型コロナウイルス感染者が発表されました。
新たなクラスターは7件確認されています。

新たに感染が発表されたのは長崎市で58人、佐世保市で21人、諫早市で15人、波佐見町で10人など県内で合わせて144人です。

21日(土)は515人で、前の週を100人上回っていますが、22日(日)は355人
そして22日(月)は144人と、2日続けて前の週を下回りました。

新たに判明したクラスターは7件です。
▽長崎市では民間児童福祉施設で6人、市立小学校で5人の感染が確認されています。
▽佐世保市では市立小中学校で7人、民間事業所で5人が感染。
▽西海市の製造修理工場では従業員36人が感染する大規模クラスターが確認されました。従業員の寮で感染が拡大したと見られています。
▽時津町では私立高校の寮で生徒10人
▽壱岐市では小学生の課外活動で、児童を含む5人が感染し、新たなクラスターとなっています。

一方、今月末までとなっていた県内旅行キャンペーン「ふるさとで心呼吸の旅」について、県は23日、利用期間を来月末まで延長すると発表しました。

【市町別】
長崎市 58
佐世保市 21
島原市 6
諫早市 15
大村市 8
平戸市 2
松浦市 2
対馬市 0
壱岐市 0
五島市 1
西海市 0
雲仙市 2
南島原市 6
長与町 5
時津町 0
東彼杵町 0
川棚町 2
波佐見町 10
小値賀町 0
佐々町 6
新上五島町 0