今日午前、島原市で病院に車が突っ込み、病院にいた3人が軽いけがをしました。


事故の瞬間を防犯カメラが捉えていました。
病院のガラスの壁を突き破り突っ込んできた白い車。
待合室の中央に座っていた男性が受付の横まで椅子ごと突き飛ばされました。

17日午前8時半過ぎ、島原市広馬場町のいとう整形外科に軽乗用車が突っ込み、待合室にいた6人の患者のうち、70代の男性が車に突き飛ばされたほか、80代の男性2人が割れたガラスを浴びるなどしました。

いずれも肘からの出血や打撲などの軽いけがだということです。
軽乗用車を運転していたのは60代の女性で後部座席に90代の母親を乗せ病院に連れてきていたということです。
2人にけがはありませんでした。

いとう整形外科 伊東 大介 院長「突然5秒間ぐらい雷のすごい音みたいなのが聞こえて、あと職員の悲鳴。慌てて外に出ると受付の前まで車が入っていたという状況でした」

運転していた女性は「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しているということで、警察が詳しい事故の状況を調べています。