JR九州はことし9月23日に開業する西九州新幹線の料金を27日発表しました。
長崎―博多間の自由席の料金は5520円で、現行の特急かもめと比べ460円高くなっています。

JR九州は27日、国土交通省に『ことし9月開業の西九州新幹線の料金』について認可を申請しました。

JR九州によりますと、自由席の場合、運賃と特急料金を合わせた博多―長崎間の料金は、現行の特急かもめよりも460円高い5520円となります。

指定席を利用する場合は、自由席料金に通常期でプラス530円、繁忙期はプラス730円かかるということです。

開業後、長崎―博多間は”武雄温泉駅で新幹線と特急列車の対面乗り継ぎが必要”となりますが、所要時間がおよそ30分短縮されることから、1割程度の料金上乗せとしました。

JR九州・古宮 洋二 社長「その30分に見合った料金体系。新幹線ってちょっと値段は高いけど快適だし便利だよなっていうのがわかってもらえれば(利用客は)増えていくんではないかと思っています」

西九州新幹線の割引きっぷについては、今後、需要動向などを見極めながら検討したいとしています。

■ 現行の特急かもめと西九州新幹線の長崎―博多間の料金・所要時間を比較

料金は、自由席で現行の特急かもめが「5060円」なのに対し「5520円」と、460円高くなります。
所要時間は、現行の特急かもめが最速で1時間50分ですが、30分程度短縮されおよそ1時間20分となります。
ただし、西九州新幹線では武雄温泉駅で特急列車への対面乗り継ぎが必要となります。