立浪和義監督が率いる新生・中日ドラゴンズ、2022年シーズンも開幕から1か月が過ぎた。ここまで22試合を戦い、12勝10敗、貯金2、現在リーグ3位。ファンの立場から見れば、まずは上々の序盤戦だと拍手を送りたい。

【動画】劇的5点差大逆転!石川昂弥4打点だがや!プロ野球中継 『燃えよドラゴンズ』4月24日 中日×巨人 ハイライト

立浪采配のきびしさに息を飲む

ライト側の外野スタンドで、スタメン発表の場内アナウンスを聞いて驚いた。4月22日のバンテリンドーム、本拠地で初の讀賣ジャイアンツ戦。「2番、ショート、堂上直倫」。場内が少しどよめいた。開幕からショートを守ってきた京田陽太選手のスタメン落ち。自らの誕生日だった直前の試合で活躍し、お立ち台にも立った京田選手。しかし、打率は1割台と低迷していた。根尾昂選手のショート再コンバートとタイミングも重なり、この日に2軍から上げた堂上選手をいきなりスタメンで起用するという、立浪監督による厳しい叱咤の表れだった。さらにこの試合で、ダブルスチールを許して得点を与えた木下拓哉捕手は、翌23日にスタメン落ち。3安打を打ったにもかかわらず、重盗ミスが重要視された。ゲームを観戦したファンですら、立浪監督のきびしい采配に驚くのだから、ベンチには相当な緊張感が走ったことだろう。「勝つために妥協はしない」監督就任会見での言葉は着実に実行されている。立浪監督にとってのプロ最初の監督、“闘将”星野仙一さんの姿が脳裏をよぎった。

そんな立浪ドラゴンズのここまでの戦いを、「投手」「打撃」「新戦力」3つのポイントからチェックする。ただしペナントレースは始まったばかり、100点満点で何点など、数字での採点はしないのでご容赦いただきたい。(成績は2022年4月25日現在)

躍動する19歳への期待~投手編~

高橋宏斗投手

12球団トップクラスと言われる投手陣。岩崎翔投手のけが、小笠原慎之介投手の新型コロナ陽性という誤算もあったが、それをカバーしながらの戦いは、概ね、順調と言えよう。チーム防御率は3.57、リーグ4位。まずまずだが、中でも印象に残る2人の投手を挙げたい。まず高橋宏斗投手。プロ初登板初先発こそ負け投手になったものの、4月7日の神宮球場では2度目の登板で6回を投げて初勝利。4月20日にも初勝利の相手だった東京ヤクルトスワローズ相手に2勝目を挙げた。何よりその投げっぷりがいい。ここしばらくドラゴンズに現れなかった10代の若き剛球投手である。もうひとりは、ジャリエル・ロドリゲス投手。高橋投手が先発陣に加わったため、今季は中継ぎに配置転換された。これが大当たりである。10試合を投げて8ホールド、ここまで無失点。1987年(昭和62年)から指揮を取った星野仙一監督が、郭源治投手を先発からリリーフに回して大成功したことを懐かしく思い出す。