混浴を恥ずかしいと思い始めた年齢は?

厚生労働省が行った調査結果によると、「混浴を恥ずかしいと思い始めた年齢」は、「6歳」が27%と最も多く、次いで「7歳」が21.2%でした。
(※7歳から12歳の男女1500人が回答)

小児科医・新生児科医 今西洋介さん

ツイッターに投稿した小児科医の今西さん。
子どもの性被害をなくすためにこの問題について多くの人に考えてほしいと話します。

小児科医・新生児科医 今西洋介さん
「異性混浴を恥ずかしいと思ったのが、6歳で4人に1人という、27%というデータが出て、まずそういった子どもの声をちゃんと聞いてあげるということが必要です。
そして、シングルマザー、シングルファザーであったり、子どもと混浴せざるを得ない状況もあるので、家族風呂を増やすとか、社会のインフラの整備も必要かと思います」