安倍元総理を銃撃した山上徹也容疑者の母親が、旧統一教会に献金した金額が1億円に上るとみられることがわかりました。教団と政治家との関係をめぐっては、7月の参院選で、旧統一教会側が自民党の候補者を支援していたことが明らかになりました。

■“搬送先なかなか決まらず” 緊迫の無線記録が明らかに

7月14日の早朝、前日に弾痕とみられる穴が見つかった場所の周辺を捜査員が捜索しました。金属探知機を使って道路の亀裂を確認したり、双眼鏡で壁などを念入りに見たりしていました。


演説中に銃撃された安倍元総理。消防の緊迫の無線記録が明らかになりました。

午前11時32分
本部「救急指令、加害事故、出動せよ」

銃撃の直後、消防本部がこう命令しました。

午前11時35分
本部「高齢男性、拳銃で撃たれ、現在CPA(心肺停止)状態と思われます」

「救急車まもなく入ります!」

命令から5分後、救急隊が報告します。

午前11時37分
現場「現着。状況報告する。自民党の参議院候補の演説会場です」

到着の6分後の11時43分、安倍氏を救急車に収容。ドクターヘリとの合流地点に向かいます。

11時48分
現場「頸部に銃創あり。初期波形にあっては心静止」

11時52分
現場「搬送先分かっていますか?」
本部「現在のところ搬送先等決定しておらず」

搬送先がなかなか決まらず、現場が何度も問い合わせます。

午後0時11分
現場「病院等まだ決まっておりませんか?」

午後0時12分
本部「橿原の医大、橿原の医大となりました」

発生から41分後の午後0時13分、ドクターヘリが離陸。奈良県立医大で大量の輸血などの処置が行われましたが、午後5時3分、安倍元総理の死亡が確認されました。


■安倍元総理の国葬 9月に全額国費で

事件から7月15日で一週間。現場に設けられた献花台には多くの人が訪れていました。


そうしたなか、岸田総理は…

「この秋に国葬儀の形式で安倍元総理の葬儀を行うことといたします」

これは、憲政史上最長の在職日数やこれまでの功績を勘案したものだとしています。政府関係者によると、9月に東京の日本武道館で行うことを調整していて、全額国費を想定しています。

岸田総理は、今回の事件について「率直に言って、警備態勢に問題があったと考えている。全面的に点検をし、正すべきことは早急に正してもらいたい」と述べました。