猛暑の中、携帯電話会社が「スマホ熱中症」に注意を呼びかけています。スマホが熱くなったら、冷蔵庫や保冷剤で冷やしていませんか?実はNGなんです。

齋藤慎太郎キャスター: 
もしスマホが熱くなってしまったらどうすればいいのでしょうか?冷やそうと思って、保冷剤を当てたり、冷蔵庫に入れたり、氷水につけたりするのは、すべてNGだということです。


スマホジャーナリスト石川温氏によると
「急激に冷やすと、スマホの内部で結露が出て、部品が損傷する可能性」があるそうです。

では、どうしたらいいのでしょうか?実はお財布の中の“10円玉”が役に立つそうです。10円玉をスマホの背面に置くと、銅がスマホの熱を吸収し、常温に戻るということです。石川さんいわく、「冷やすというより、ゆっくり常温に戻すことが大事」だということです。


ホラン千秋キャスター:
10円玉をいっぱい持っておかないとだめですね。

齋藤キャスター:
iPhoneだと10枚くらいで足りるでしょうか。

井上キャスター:
1枚でもあれば、ないよりかはいい?

齋藤キャスター:
部分部分に当てて冷やしていく。

では、なぜそもそもスマホが熱くなってしまうのか?
まず、理由としては、バッテリーにリチウムイオン電池が使われています。このリチウム電池が暑さに弱いということなんですね。
新潟市消防局によると「夏の暑くなる車内や、直射日光の当たる場所に放置しておくと、発火の危険性が高まる」ということです。特に車のダッシュボードなどは、かなり高温になりますから、注意が必要ということです。


こちらの写真は、去年8月4日の正午に兵庫・姫路市で撮影されたものです。


車の助手席が黒焦げになっているのがわかります。30分間、スーパーで買い物中、助手席に置いたモバイルバッテリーが高温になって破裂してしまった。最終的には天井も溶けて廃車になってしまったということです。写真には映っていませんが、天井にも穴が空いたということです。こういった、ちょっとした時間でも注意が必要です。

萩谷麻衣子弁護士:
やっぱり、機械は暑さに弱いですよね。パソコンとかも動かなくなることもありました。暑いところに放置しておくと湿気もあるし、絶対だめだというのは、その通りじゃないかなと。

ホランキャスター:
急激に冷やしたいから私、結構(スマホに)保冷剤やっちゃうんですよ。でもだめなんだなっていう。

萩谷弁護士:
暑い中で、ずっとスマホを見ていなければ、熱くなるのは避けられるんですか?

齋藤キャスター:
放置していると、日光に直接ずっと当たり続けたりするので、そういったケースは避けた方がいいということになります。