北九州市小倉北区で6日夜、地下の水道管が破損し大量の水が噴き出しました。設置されて長い年数が経った水道管の破損が全国で相次ぐ中、北九州市は、交換作業を前倒しで進めるとしています。


6日午後9時すぎ、北九州市小倉北区足原で、地下の水道管が破損して水が噴き出しました。

RKB浅上旺太郎「道路から水が空高く噴き出しています。私の目の前にある木よりも高い所に水がいっています」


市によると、周辺で断水はしなかったものの、水が赤く濁ったとの通報が36件寄せられたということです。

北九州市・北橋健治市長「市民の心配ご迷惑をおかけしましたすみませんでした」

北橋市長は7日の会見で、市民に陳謝しました。市によると、破損した水道管は、設置してから56年経っていて、直径10センチの穴が空いていたということです。

水道管の法定耐用年数は40年とされていて、北九州市にあるのべ4200キロの配水管のうち、これを超えているのは1091キロにのぼります。