「四国の水がめ」と呼ばれる早明浦ダムでの貯水率の低下を受け、香川県への水の供給を半分にする取水制限が始まりました。

記者
「水不足の目安となる旧大川村役場の屋上も湖面に姿を現わしています」

吉野川上流にある高知県の早明浦ダムで貯水率が3割を下回るおそれがあるとして、2日午前9時、第3次取水制限が始まりました。

香川県への供給は通常時の半分に、徳島県へは18.2パーセントカットされます。9年ぶりの第3次制限ですが、2日午後6時、貯水率は29.9パーセントになり、3割を下回りました。