食卓に、おつまみに、おなじみの「カニカマ」ですが、実は今年、誕生50周年なんです。誕生直後は様々苦労があったようですが、今は世界で愛されているということ。というわけで、この50年の進化を、取材ました。

■戦後の食品の「三大発明」のひとつ!

まずは世界で初めて「カニカマ」を開発した石川県七尾市のメーカーに伺いました。

――50年も前からあるんですね!

株式会社スギヨ・広報 水越優美さん:
はい、2022年は、カニカマが1972年に誕生してから、ちょうど50周年になります。みなさんびっくりされるんですけど、もうずっと前からある商品です。

――最初から人気商品だったのでしょうか?

株式会社スギヨ・広報 水越優美さん:
いえ、なかなか「カニカマ」っていうジャンルを築くまでは大変でした。「カニのニセモノ」だとか、「インチキな商売をしている」とか言われたこともあります。こちらは、そういうつもりはまったく無いんですけれども。開発もすごい大変なんですけど、出来た後の、知っていただくための工夫も非常に大変だったようです。

――今では世界中で食べられているそうですね!

株式会社スギヨ・広報 水越優美さん:
はい、カニカマは最初は「ニセモノ」と言われてたんですけれど、今では、日本だけではなく、世界中で食べられていて、「インスタントラーメン」「レトルトカレー」と並んで「戦後の食品の三大発明」とも言われています。でも、インスタントラーメンとレトルトカレーは、かなりメジャーで有名なので、ちょっとカニカマも頑張りたいなって思ってます!

※これが初代カニカマの「かにあし」(株式会社スギヨ公式サイトより)

世界初のカニカマを作った株式会社スギヨは、かまぼこなど練り物の製造販売の会社。最初のカニカマは「かにあし」という商品で、今のような棒状ではなく、カニの身をほぐしたようなフレーク状のものでした。
『カニの様でカニでない』と言い切るキャッチコピーで、販売したそうですが、『カニかと思ったら、カニじゃないじゃないか!』と抗議が来てしまったとか。世の中に無いモノを生み出すというのは大変なことですね。