G20サミットの次期議長国を務めるブラジルのルラ大統領は、国際刑事裁判所から逮捕状が出ているロシアのプーチン大統領について、「来年のサミットに出席する場合、ブラジルで逮捕されることはない」と明言しました。

インドで開かれたG20サミットは10日に閉幕し、モディ首相からブラジルのルラ大統領に議長国のバトンが引き継がれました。

会議では、ロシアによるウクライナ侵攻が最大のテーマとなりましたが、ルラ大統領は9日、現地メディアのインタビューで、「G20は経済問題を話し合う場であり、ウクライナでの戦争については議論したくなかった」と述べました。

一方、ICC=国際刑事裁判所からウクライナ侵攻をめぐる戦争犯罪の疑いで逮捕状が出ているプーチン大統領が来年のG20サミットに出席する場合、「ブラジルで逮捕されることはない」と発言。ブラジルがICCに加盟していることを問われると、「私が大統領である限り簡単に来られるはずだ」と強調し、プーチン氏を拘束しない意向を明らかにしました。

プーチン氏をめぐっては、ICC加盟国の南アフリカが、先月開かれたBRICS=新興5か国の首脳会議を前に入国時の拘束義務を免除する例外措置を求めていましたが、結局、プーチン氏はBRICSを欠席しています。