今年の日本選手権(6月9~12日大阪・ヤンマースタジアム長居)は、7月の世界陸上オレゴン最重要選考競技会。フィールド種目で世界での活躍がもっとも期待できる選手が、男子走幅跳の橋岡優輝(23・富士通)である。東京五輪では6位に入賞。銅メダルまで11cm差という健闘を見せた。

だが今季は屋外初戦で踏切脚の足首を痛めてしまった。第2戦の木南記念(4月30日)は7m76(±0)の3位、ゴールデングランプリは欠場した。幸い、それほど重くはないという。完治すれば標準記録(8m22)は高い壁ではないが、標準記録未突破でも世界ランキングで代表入りする可能性もある。日本選手権の橋岡に求められるのは、ケガを悪化させずに代表入りを確定させることだ。

木南記念は大事を取って2本で試技を中止

第9回木南道孝記念

木南記念の橋岡は、日本選手権に合わせることを優先していた。足首を痛めたのは4月9日の日大競技会で、木南記念はアジア大会(9月に中国杭州開催予定が延期に)選考がかかっていたので出場したが、2回の試技で競技を中止した。

「2本目までに上手く跳んで世界陸上の参加標準記録を突破できれば、と思っていましたが、そう甘くはなかったですね。風が回って吹くなど気象条件も少し難しくて、跳躍と噛み合わなかったことも記録に影響しました。足首的にこれ以上やったら日本選手権に響く形になってしまう。その時点でやめました」

橋岡の口からは何度も「日本選手権に響かないように」という言葉が出ていた。参加標準記録を跳ぶことが一番の目標だが、万が一の時にも3位以内には入っておきたい。そうしておかないと、日本選手権3位以内に入った選手全員が参加標準記録を跳んだり、世界ランキングで世界陸上の出場資格を得たときに代表から漏れてしまう。

日本選手権4位以下でも、出場有資格選手(参加標準記録または世界ランキング)が3人以上現れなければ橋岡は代表入りしそうな状況だ。1国3人カウントの世界ランキングで19位(5月31日時点)。優勝した前回のアジア選手権(19年)と昨年の東京五輪のポイントが高く、走幅跳出場人数枠の32人より下に落ちることは考えにくい。

世界陸上への影響を考えれば、無理をしない選択肢もある。森長正樹コーチや富士通スタッフの見方も参考に、自身のケガの状況と他の選手の調子を見ながら日本選手権を戦うことになると思われる。