子供たちに田んぼに親しんでもらおうと福岡県田川市で「どろリンピック」が開かれました。競技ではないものの、地元の子供たちが田んぼで思いっきり!遊ぶ催しです。

田川市位登の田んぼで開かれた「どろリンピック」には猪位金学園の5年生30人が挑みました。元気に田んぼの中を走り回る子供たち、リポートをしている新人の若松記者を追いかけ回します。マイクを濡らさないように必死です。

RKB若松康志「囲まれました、囲まれました」
参加した子供たち「すぐこけてドロドロになる」「田んぼ遊び最高です」

神宮伴弥教頭「今日の顔は本当に素敵で、もっとこういう活動をしていかなければと感じた。地域の方に触れあう中で、大きくなってもここに住みたいと思ってもらえる子供になってほしい」

泥んこになって田んぼに慣れ親しんだ一時。来週は、田植えを体験するということです。