そば店の店主の子ども2人が“そばアレルギー”に。115年続いていた老舗「そば店」を「うどん店」に転身する決意をしました。新メニューのテーマは「家族」だということですが、どんな“うどん”が生まれたのか?そば店が閉店してからうどん店に生まれ変わるまで密着取材しました!

■創業115年「そば店」が「うどん店」に転身!

6月2日、東京・江東区にオープンした「うどん家族 小進庵」。実はこちらのお店・・・5月までは創業から115年続く老舗の「そば店」だったのです。

常連客
「おそば食べたくなったら、ここに来る感じ」
「15年ぐらい前からきていますね」

常連客から愛される“いつも変わらない味”。 しかし・・・


お店の張り紙
「そば専門店からうどん専門店へ生まれ変わります」

2019年、店主の2人の子どもの“そばアレルギー”が判明。“いつか治るかもしれない”という想いで営業を続けてきましたが、家族の健康を考え、そば店からうどん店に転身することを決断したのです。そば店の最終日には、お店の前に多くのお客さんが来ていました。

『小進庵』4代目店主 大森貴行さん
「そば屋で育ってきて、もう何千回、何万回とこうやってそばを茹でて。これが最後なんだなと思います」