6月に入り連日のように値上がりのニュースをお伝えしていますが、3日は家計を応援するお得な情報をお届けします。アプリを使えばタダでもらえるサービスや店内の商品がすべて半額という驚きの店を紹介します。

ラーメンにアイスクリームなど6月に入り多くの食品が値上げしています。さらに夏から秋にかけてはビールや飲料水、さらには回転寿司なども相次いで値上げされる予定で家計はますます厳しくなります。スーパーの買い物客から聞こえてくるのはやはり“嘆き”の声です。

買い物客「なんでも値上げ値上げなんで」「値段変わってないのは中身が減っていて家族が多い人とか食べ盛りの子がいる人は大変だと思う」

家計を楽にするにはお得な情報をいかに活用するかがポイントとなります。

RKB本田奈也花「リラクゼーション施設に二次元バーコードがありました。読み込むとお菓子を貰えました」

現在、ユーザー数が50万人を超えているというスマホアプリの「OTONARI」。加盟店で二次元バーコードを読み込むとサンプルの商品などが無料でもらえます。メーカーはサンプル品を店に置くことで商品の宣伝につながります。

一方、加盟店は商品を配布するごとに20~50円の仲介料が入る上、アプリで店が紹介され知名度アップにつながります。九州では現在2万店以上が登録しているということです。

健美処おふく堂・福本ちはる代表「今年に入って取っていかれる方が多くなった」

RKB本田奈也花「百道浜に来ました。アイスクリーム店にもOTONARIのサービスがあり、柔軟剤を貰うことができます」

食品だけでなく店によっては日用品も無料でもらうことができます。

マーケティングアプリケーションズ・萩野郁夫代表「サンプル品をどんどん無料で取ってお店で気に入れば買ってもらえる。皆さんがウィンウィンで街が良くなる」

アプリの運営会社は今後、九州だけでなく全国展開を目指したいと話しています。続いては買い物に関するお得な情報です。

食品や日用品など店内にあるものはすべて半額、おまけに24時間営業という「TOAmart」。福岡市、北九州市、久留米市に加え先月オープンした黒木店などの福岡県で8店舗を展開しています。一体どうしてこんなに安いのか?その理由を聞きました。

TOAmart・瓜生毅士さん「メーカーから直接、在庫処分品などで大量に仕入することで安さを実現しています。赤字覚悟で。中国と日本に工場を持っていてコストを削減して販売できます。値上げラッシュが続いているので安い商品を手に取って喜んでもらえる店作りをできればと思っています」

安さの秘密はメーカーが期間限定で大量に作った商品や賞味期限が近い商品を仕入れる手法でした。

買い物客「1週間に1回くらいは来ています。商品がコロコロ変わるので飽きなくて楽しませてもらってます」「こういう店がいっぱいできたらいいですね、半額と聞いて行きたいなと、買いだめして帰ろうかな」

TOAmartは国内で152店舗を展開していて、今年中に500店舗を目指すということです。