2022年は3年ぶりに行動制限のないゴールデンウィークとなり、最近ではマスク着用緩和の議論も活発になってきています。新型コロナウイルスへの危機感が徐々に薄れてきている一方で、JNNの調べによりますと日本全国の新型コロナの新規感染者数は870万人を超えました。(5月25日時点)それに伴い、今後爆発的に増えるのではないかと懸念されているのが“コロナ後遺症”です。今回、“コロナ後遺症”と闘う2人の患者さんに話を聞くことができました。

■診察開始1時間以上前から患者殺到 午前3時まで続くオンライン診療

5月13日、東京都渋谷区のコロナ後遺症の専門外来を設ける「ヒラハタクリニック」を訪れました。

午前8時半ごろ、この日はあいにくの雨だったにも関わらず、患者さんが次々と入ってきては、受付を済ませ、待合室で待機を始めました。空いている席が少なくなり、予約時間だけを指定し外出する人もいるほど。多くが“コロナ後遺症”の患者たちです。

“コロナ後遺症”とは、別名ロングコビットとも呼ばれ、新型コロナウイルスに感染した後、療養期間が終わっても症状が慢性化したり、あるいは突発的に出てきたりする症状全般のことを指します。さらに症状の種類も様々で、倦怠感や咳、脱毛、ブレインフォグなど200種類以上あると、ヒラハタクリニックの平畑光一院長はいいます。現在、コロナ後遺症に対する特効薬などはなく、ヒラハタクリニックでは、対症療法で一人一人の患者さんと向き合っています。

こちらの患者さんは、頭を壁につけるような形で、もたれかかり、かなり息苦しそうです。

午前10時、診察が始まりました。1時間以上も前から患者たちは診察が始まるのを待っていたのです。対面での診察が終わった後も、来院ができないほど症状が重い患者さんに向けて、翌日の午前3時ごろまでオンライン診療が続きます。ヒラハタクリニックでは、これが日常だといいます。

今回、ヒラハタクリニックに“コロナ後遺症”で通院している患者さん2人に話を聞くことができました。