政府が2歳以上の未就学児のマスク着用を「一律には求めない」と方針転換するなど、“脱マスク”をめぐる議論が始まった日本。こうしたなか、大人のマスク着用が子どもの発達に影響するのでは、という声もあがり、現場では試行錯誤が続いています。

■「違和感がある」「1人だけ外れ」マスク着用について子どもたちは・・・


教育現場でも、マスク着用について頭を悩ませている。5月20日、千葉県・柏市の小学校を訪れると・・・

教員
「マスクについては暑いな、苦しいな、と思ったら外して構いません。ただマスクを外した時の過ごし方は、距離を置いて、大きな声で喋らない」    

運動会の練習に臨む子どもたち


始まったのは運動会の練習。この学校では19日から、特に運動の際など、熱中症に気をつけるよう積極的に伝えている。運動の際のマスクについて、子どもたちに聞いてみると、口々に「苦しい」「マスクしていると暑い」「暑くて喉が渇く」など、不快感を訴える声が飛び出す。

それでも、子どもたちの多くは、なかなかマスクを外さない。マスクを外した子どもは、1割ほどにとどまっていたが・・・

マスクを外す子どもは1割ほど


日差しが出て気温が上がっていく中で、授業が進むにつれてマスクを外す子供たちが増えてきた。一緒に運動をする教員も、マスクを外す姿がみられた。   

教員もマスクを外して運動する


上村彩子キャスター
「先生も外すことで見本になりますよね?」
  
教員
「子どもたちはよく見ていますから。“今、外してもいい”という合図にもなるかなと思っています。なんか本当に顔の一部みたいな。大きくなるにつれて、マスクをしている方が気楽と感じている子が多いのかなと感じます」
                                   
周りの目が気になるという子どもたちも少なくない。話を聞いてみると・・・

「なんか自分だけ外すのが、ちょっとイヤだ」 
「1人だけ外すと違和感がある。“1人だけ外れ”みたいな感じになる」


千葉県は4月、「十分な距離がとれるならマスクは不要」など、“教育活動の制限緩和”について通知を出した。給食でも黙食や飛沫を防ぐ対策をすれば、机を向かい合わせるスタイルを認めたが、この小学校では“対面給食”には踏み切れなかったという。

給食の際は子どもたち全員が同じ方向を向く


柏市立土南部小学校 伊藤雅朗 校長
「マスクの向こう側の顔を、表情を読み取っていくというだけでも大変な中で、熱中症のことも考えなくちゃいけないという意味では、本当に(教員の)負担は大きいと思います」

上村キャスター
「マスクをつける、つけないの指導。どんなところに難しさがあるでしょうか?」

柏市立土南部小学校 伊藤雅朗 校長
「最後の判断は子ども自身であり、外したくないという気持ちがある子には強制はできない。本当に暑くなってきた時に命が守れるかどうか、というところは、とても心配なところです」

校長も不安を口にする