病院や福祉施設などに欠かせない看護師。
三重県津市で働く女性は、なんと97歳。看護一筋80年です。
現役にこだわり、いまも働き続ける理由とは?

88歳で今の職場に就職


池田きぬさん、大正13年生まれの御年97歳現役の看護師です。

三重県津市のサービス付き高齢者向け住宅「いちしの里」で働いています。衰えを知らない手際のよい働きぶりに、誰もが驚きます。

(池田きぬさん)
「ここに就職したときには、88歳でした。もう2~3年看護師の仕事をして、それでもう辞めようと思ってきたんですけど。10年経ちました」

兵士を看病した戦時中からずっと現役

看護の世界で働き始めたのは、19歳の時。

太平洋戦争中、日本軍の看護要員として兵士たちの手当てをしていました。

命を守る仕事にやりがいを感じた池田さんは終戦後、地元の三重県に戻って結婚。2人の子どもを育てながら看護師の仕事を続け、3カ所の病院で総婦長も務めました。

5年前取材した際には、池田さんは92歳。

その頃は週に4日の勤務し、入居者の部屋を行ったり来たりと、年齢を感じさせない働きぶりを見せていました。

97歳になった今は、週1回から2回の半日勤務になりましたが、それでも痰の吸引など医療行為が必要な高齢者が多いこの施設で、他の看護師と同じ内容の仕事をこなしています。

後輩看護師に負けない働きぶり

施設にいるのは、大半が池田さんより年下の入居者です。

78歳の女性入居者は、食事を摂ることができないため胃に通したチューブで栄養を補給します。手際よく処置をすると、休む間もなく次の部屋へ向かいます。

(池田さん)
「きちっと仕事ができるか、一番気をつけている。パッパッと動けたらよろしいけどね」

若い看護師たちと同じようには動けませんが、正確さは負けていません。入居者へのストレッチや全身のマッサージも池田さんの仕事です。

耳が遠い入居者には必要なことを紙に書いて伝えるなど、一人一人丁寧に向き合う姿は入居者にとっても心強い存在です。

看護ステーションに戻ると、紙にメモした血圧や体温をスマホで入力しますが、スマホの使い方には慣れません。悪戦苦闘しながら後輩看護師に教えてもらい、最後まで自分で入力します。

池田さんの働きぶりを後輩たちはどう考えているのでしょうか。

(後輩看護師)
「ある程度年齢が来ると『それでいいか』ってことになってしまうけど、新しいことを吸収しようってすごく前向きなので、色んなことに。すごいですよ」

尊敬のまなざしで見ていました。