「雪月花」新装盤リリースの発表イベントに演歌歌手の辰巳ゆうとさんが登場しました。
今年1月にデビュー5周年記念シングル「雪月花」が大ヒットを記録。今回「雪月花」の好評を受けて、3タイプの新装盤にそれぞれカップリング曲として新曲が収録、5月4日にリリースとなりました。

辰巳ゆうとさん


そこで、カップリング曲の一つ「夢巳橋」の舞台となった品川区の蛇窪(へびくぼ)神社で大ヒット祈願が行われました。
また、この神社には白蛇と龍神が祀られ、「巳が辰(身が立つ)=立身出世の御神徳がある」ということで、「辰巳ゆうと」さんにとって縁深い場所とも言えるそうです。

祈願を終えた辰巳さんは今回の新装盤リリースについて
“歌の舞台となった蛇窪神社で発売日に祈祷できたことはうれしいです。ここからまた新たに沢山の方に「雪月花」や「辰巳ゆうと」を知っていただこうと改めて強く感じました”と話しました。
9月には初めて単独で出身地の大阪で5周年記念コンサートが予定されており“地元に帰ってコンサートするというのは、より思いのある場所でもあるので、必ず成功させたい”と意欲を語りました。

辰巳ゆうとさん


この日、神社で人生で初めてヘビに触ったという辰巳さん。もともと爬虫類が得意ではないと思っていたそうですが、“いざ持ってみると、すごいかわいくて、ニョロニョロ動くのも愛らしくなってきて、辰巳の巳でもあるので、深いつながりもあると思うので、次はヘビを巻いて歌を歌うとか新たなことにもチャレンジしたいと思いました”と明かしました。

【担当:芸能情報ステーション】