車いすに乗ったまま着物を着ることができる場所があります。ファスナーやマジックテープなどを使って、車いすに座ったままでも着付けができる工夫がなされています。また、専用の車いすに乗ったまま空を飛ぶことができる、モーターパラグライダーを体験することができるところもあります。その他、温泉に入浴用のリフトが完備されたバリアフリーホテルもあります。今回は「誰も取り残さない」取り組みを紹介します。

■みんなが楽しめる夢の国へ TDRバリアフリーの取り組み


南波雅俊キャスター:
SDGsには人や国の不平等をなくすという目標も掲げられていますが、東京ディズニーリゾートではこんな取り組みがあります。その1つが「触地図」というもので、凹凸のある地図に点字で施設の場所などを示しているものです。例えば、触るとここにシンデレラ城があるとか、この場所にスプラッシュマウンテンがあるというのがわかり、しかも展示があるのでどういう施設なのかも感じることができるのです。



さらに「スケールモデル」というものもあり、こちらはキャラクターの特徴を触って知ることができます。目が見える人にとってミッキーの顔はわかるかもしれませんが、目が不自由な方でも触ることでミッキーの顔の形を感じ取ることができる。しかもモデルがそれぞれみんな手を出していて、握手もできるという工夫もあります。

さて、東京ディズニーランドのレストランの多くはカウンターの高さが90センチに設定されていますが、井上さん、ホランさん、椎木さん、90センチの意味をどのようにお考えでしょうか?


マーケティング企業AMF社長 椎木里佳さん:
何か手の届きやすそうな感じですか?

南波雅俊キャスター:
立っている人には少し低い、でも手が届く。そして車いすの人にとっては少し高い、でも手が届くということで、お互いが少しずつ譲り合って、お互いが少しずつ手を伸ばせば届く距離に設定されているということです。

井上貴博キャスター:
少しの差が大きな違いになるなと感じます。

椎木里佳さん:
ディズニーリゾートはこういった取り組みをすごくされているなと思います。私自身も親戚が知的障害を持っているのですが、一緒にディズニーランドとかシーに行くと、キャストの方が気を使ってくれて、待ち時間を少なくしてくれたり、待っている時間も楽しいお話してくれたりするので、同行者や家族の目線からしてもありがたいなと思います。

ホラン千秋キャスター:
一緒にいて1人だけ我慢しなきゃいけないのかなって思いがちですけれども、乗り物によっては一緒に乗ることができるということで、そういう心遣いは嬉しいですよね。

椎木里佳さん:
自分だけが苦しい思いをしているとは思ってほしくないと家族は思うので、そういった点でこういった取り組みをしてくれる会社ありがたいし、増えてほしいと思います。

南波雅俊キャスター:
東京ディズニーリゾートも様々な取り組みを行っていますが、実際に体が不自由な方にお話を伺いますと、レジャーや観光を楽しもうとすると、様々な不便なことがあるということです。その不便さを解消していくようなSDGsな取り組みを紹介していきます。