■「分裂は極めて不自然」 

2月17日、立憲民主党や国民民主党に所属する国会議員28人が、「連合出身議員政治懇談会」を立ち上げた。

参加したのは連合の組織内議員、つまり労働組合出身の議員ばかり。連合の推薦や支援を受けているだけの議員は含まれない。組織内議員が意見交換、親睦を深めることが目的とされている。

野党を横断し約30人も集まったことで、様々な憶測も呼んだ。そうした疑念を打ち消すかのように、設立総会で発起人の一人である国民民主党の小林正夫参院議員が念を押した。

「この懇談会は、あくまでも党レベルの連携とは別でありまして・・・」

しかし、続いてあいさつに立った立憲民主党の難波奨二参院議員が、和やかなムードを吹き飛ばす。

「連合出身の我々が複数の政党に分裂しているということは、極めて不自然」
「新しい政治勢力の結集に向けて、その中心となって潮流を作っていく、そういう気概を持った会になることを切望するものでございます」


報道陣の衆目のなか、難波氏は涙ぐみながら訴える。触発されたように発言を求める議員が相次いだ。

「バラバラでやってて、本当に働く仲間のことができるのか」(無所属・柳田稔参院議員)

「それぞれの主張を言っている場合ではないというのが私の強い思いであります」(立民・逢坂誠二衆院議員)


立民と国民の再合流を求める発言が相次ぎ、出席者には「本気で政局にするつもりか」と戸惑いが広がった。

■「このままでは維新が野党第一党に」

夏の参院選が近づくにつれ、組織内議員たちは危機感を強めている。立憲民主党は党勢を立て直すきっかけを掴めないまま。国民民主党も政党支持率が低迷したままで、両党とも連合の組織内候補が参院選でどれほど当選できるか、悲観的な見方が圧倒的だ。

こうした現状に、あるベテラン議員が「ずっと温めていた構想」を動かし始めた。それが今回の懇談会だ。そして、2月17日に設立総会を開いた。この日は、連合が中央執行委員会で参院選の基本方針を決めた日だ。その基本方針には支援政党が書かれていない。連合の内部で、立民支持の産別と国民支持の産別で折り合いが付かず、立民、国民は「連携」の対象とされた。これ以上の踏み込んだ表現を書けば、「連合が分裂してしまう」と連合幹部は嘆息する。

出身元の団体が、所属する政党を「支持」も「支援」も明記せず、一方で自民党とのやり取りが増えていると報じられる。こうした連合の姿に、組織内議員はこう嘆く。

「とにかく内輪の論理ばかりの連合に気付かせたい。自分の会社、自分の産業だけがどう残ればいいのかと考えるだけでは、すべての労働者のためにはならない」
「こんなことでは次の参院選で立民は議席を落として、さらに3年後には、維新に抜かれて参議院でも野党第2党になる」
「お互いの置かれた状況を理解しなければいけない。連合にもそこをわかってほしい」