インド・カンボジアに出発する政府専用機の前で岸田総理が冒頭に発した言葉。これが結果的に両首脳との会談を通じて、最も強く訴えたことだった。