室内でマスクの着用を任意とする「脱マスク」の動きが一部の企業で広がっています。「表情が見られてコミュニケーションの質が格段に上がった」と評価されていますが、パーティションがない場面では「マスクが必要」と考える従業員もまだ多いようです。屋内での「脱マスク」の動きはどこまで広がるのでしょうか。

◆「普段はマスクしない」ネット企業が“脱マスク”

JR小倉駅(福岡県北九州市)前のビルに入るIT企業・GMOインターネットグループのオフィスを訪ねました。マスクを着けている人と着けていない人がそれぞれいます。新型コロナウイルスの飛沫感染を防ぐパーティションや消毒液は設置されていますが、コロナ禍の前に戻ったような印象を受けます。

従業員「普段はマスクを外して働くようにしています。マスクをしていると相手の表情が読みづらくてコミュニケーションがとりにくかったり、ストレスが以前からありました。素顔を知らない同僚も何人かいました。実際にマスクを取った表情を見ることができて、ルールが任意になったのは嬉しいですね」

従業員「(Q話すときは着ける?)そうですね。黙々と仕事している時はマスクを外すようにしています」

このオフィスでは9月下旬から、取引先などの社外の人と接触する場所を除き、これまで「必須」としていた室内でのマスクの着用を「任意」に変えました。

GMOインターネットグループシステム運用部・平山敬太部長「第7波が落ち着き、社内でのワクチン3回接種率9割の状況などを総合的に勘案してルールの緩和を検討しました。円滑に仕事が進むようになりました。マスクだと上半分しか見えないので―。コミュニケーションの質が全然違います」