富山県射水市の“いみず野ブランド”として生産されているエダマメ「富山ブラック」の出荷作業が5日始まりました。

JAいみず野では黒大豆のエダマメを「富山ブラック」として売りだしていて、5日出荷作業が始まりました。

いみず野ブランドとして生産しているエダマメは流通量の少ない黒大豆「たんくろう」という品種で、甘みが強くコクがあり黒豆特有の風味を感じられるのが特徴です。初日は300キロのエダマメが集荷され機械と手作業で選別されました。

JAいずみ野 高田 勝弘 営農指導課長:
「天気にも恵まれて梅雨明けも早かったので、今のところ順調に生育しています。ご家庭でビールのつまみ等に一度食べてみていただければおいしさが伝わる。ぜひ買って試食してみてください」

エダマメ「富山ブラック」は、例年並みの110トンの収穫を見込んでいて、7日から県内のスーパーや直売所で販売されます。