3日午後2時半ごろ、南砺市細野で庭木のせんてい作業を終えて片付けをしていた佐藤久志さん(70)が、枝木を砕く重さ400キロの粉砕機とコンクリート壁の間に挟まれ、病院に運ばれましたが意識不明の重体です。

警察によりますと、佐藤さんは自宅で庭木のせんてい作業を終えて枝木の粉砕機を片付けようと手で押して移動させていたところ、粉砕機が転倒したため佐藤さんがコンクリート壁の間に挟まれたということです。警察が詳しい事故原因を調べています。