前人未到の記録を打ち立て続けている「競馬界の生きる伝説」も愛用しています。ジーンズの聖地とも呼ばれる岡山県倉敷市児島で「馬の調教に特化したジーンズ」が作られています。

その名は『ONZO ZEANS(オンゾ・ジーンズ)』。外国語ではなく「お召し物・お着物」を意味する「御衣(おんぞ)」から付けたのだそうです。

いったいどんなジーンズなのでしょうか。

■「すごく良いです」レジェンド・武豊騎手も絶賛するジーンズとは

競馬の最高峰レース・今年のダービーを制したのは
言わずと知れた競馬界のレジェンド・武豊騎手です

3歳馬・約7500頭の頂点を決める日本ダービー。競馬界の最高峰レースを制したのは、武豊騎手です。史上最多6度目のダービー勝利、まさに生きる伝説です。

ダービー前、栗東トレーニングセンター(滋賀県)での調教
「15番」が武豊騎手とドウデュース
その武豊騎手がはいている『ジーンズ』に注目です

そのダービー1週間前の調教=競走馬のトレーニングの様子です。武豊騎手が履いているのが「倉敷市児島産」のジーンズです。

競馬を愛してやまない、2年目の女性記者の取材に
武豊さんは快く応じてくださいました!
調教時には「児島産ジーンズ」をいつもはいているそうです
武豊騎手「すごくいい!」

(RSK山陽放送 三輪記者)
「はき心地はいかがですか?」

(武豊 騎手)
「調教のときはいつもこれで馬に乗っているから、すごく良いですね」

そのジーンズを作った田中洋之さん 憧れのレジェンドと対面

そのジーンズを手掛けたのは、田中洋之さんです。

(ONZO JEANS 田中洋之 代表 )
「『夢の人』ですし、最初にジーンズを作るときに『この人にはいてもらいたい!』という一番の人だったので」

武豊さんとお話をして「内臓がつぶれるほど緊張した」と後日ツイッターに書かれていました

■そのジーンズは「聖地」倉敷市児島で作られていた

「ジーンズの聖地」と呼ばれる倉敷市児島地区

競馬界のレジェンド・武豊さんをも魅了するジーンズは、瀬戸大橋の麓・倉敷市児島で作られています。

10年前に独立。「競馬ジーンズ」一本でやっています

馬の調教に特化した「ONZO JEANS(オンゾ・ジーンズ)」です。手掛ける田中さんは現在38歳。兵庫県出身で、児島のジーンズ会社を経て10年前に独立し、ONZO JEANS を開発しました。

競馬好きで、ジーンズ好きだった
「競馬に特化したジーンズを作りたかった」

(ONZO JEANS 田中洋之 代表 )
「競馬が好きだったのと、ファッション・ジーンズが好きだったので、『もう少し特化したジーンズを作ればみんなはいてくれるかな』と思って」

ジーンズと競馬…実は長きにわたり、切っても切れない関係にありました。

「競馬」と「ジーンズ」の、切っても切れない関係
調教時にジーンズをはくのは、その「名残」とも

(ONZO JEANS 田中洋之 代表 )
「ロデオで馬乗りの人がジーンズをはく辺りから、アメリカでは馬に乗るときにジーンズを履くのが主流になってきたのかなと。その流れで、いまだに競馬の調教でも使われているのではないかと思います」