コロナ禍で苦境が続いている広島県内の観光地ですが、このゴールデンウィークは、久しぶりに多くの人でにぎわいました。

客室の灯りが久しぶりに戻ってきました。


コロナ過で苦境が続いたホテルでも、ゴールデンウィークを迎え連日、ほぼ満室状態となりました。

グランドプリンスホテル広島(広島市南区)では、2年前の「緊急事態宣言」で初めて休業。これまで4度の臨時休業を余儀なくされました。

ことし、行動制限がないゴールデンウィークを迎えたホテルでは、久しぶりに宿泊客で賑わっていました。


グランドプリンスホテル広島 弓手理史アシスタントマネジャー
「今年のゴールデンウィークは去年のおよそ3・5倍のお客様がいらっしゃっていただいています」

例年のゴールデンウィークは、半年から3か月前には、多くの予約が入っていましたがー。

弓手理史アシスタントマネジャー
「コロナ禍以降、予約の直近化。予約されてから、いらっしゃるまでの期間が短い傾向が続いている。このゴールデンウィークは特に顕著に出ました。この直近1ヶ月、もしくは1、2週間で予約数が、ぐっと伸びたと感じています」

また4月は、「県民割」の利用もあり、県内の宿泊客が半数を占めていました。ゴールデンウィークに入ってからは、6割以上が県外からの宿泊客になったそうです。


2年ぶりに旅行をしたという家族連れの姿もありました。

鳥取から来た家族
「常に旅行に行きたいと思っていて、落ち着いたし行こうかなと。仕事があるので、パッと来て、パッとやって、パッと帰ります」