原告 広島市の女性(40代)
「なんでそんなトンチンカンな法律があるんかなって」


20年以上前に父親から受けた性的虐待に対し、損害賠償を求めた女性…。裁判所は、女性の訴えを退ける判決を出しました。


立ちはだかったのは、「時効の壁」…。


河野美代子 医師
「本当に日本の法律はひどいと思っている。さえない判決って、いっぱい見ているよ」

深掘りニュースDIG、今回のテーマは、『訴えが期限切れ? 実父からの性的虐待に “時効の壁”』。


広島市の女性のある裁判の話です。女性は、20年以上前に実の父親から性的虐待を受けました。民事裁判で損害賠償を請求したいと裁判に訴え出たところ、こうした判決を受けました。


「損害賠償を請求する権利は、遅くとも2018年ごろには『消滅』している」


どういうことかといいますと、今回の裁判で適用された法律では、「『不法行為』から20年が経ったら損害賠償を請求する権利が消滅する」と定められていたのです。この法律が、女性にとっては「大きな壁」となりました。


原告 広島市の女性
「こんな被害を受けて訴えたのに、負けるっていう判決が出ることが理解できない」


先月、判決を言い渡された後にこう訴えた広島市の40代の女性…。保育園児のころから父親のひざに乗せられてアダルトビデオを見せられ、体を触られる虐待が始まりました。父親には毎回、「誰にも言ったらだめよ」と言われたといいます。


小学校4年生のクリスマスの日、性交を強要され、それは中学2年生になるまで続きました。