岸田文雄総理は、爆心地となった場所を含む広島1区選出です。総理となってからは、初めての平和記念式典への参加です。


あいさつでは、あの日の惨禍を繰り返さない…、それが、唯一の戦争被爆国である我が国の責務であり、被爆地・広島出身の総理大臣としての誓いだと述べました。

そして、核兵器による威嚇が行われ、核兵器の使用すらも現実の問題として顕在化していると言われている今こそ、広島の地から「核兵器使用の惨禍を繰り返してはならない」と声を大にして世界の人々に訴えると述べたうえで、「厳しい安全保障環境」という「現実」を「核兵器のない世界」という「理想」に結びつける努力をすると強調しました。