大分市で先月、車道を1人で走っていた4歳の男の子を保護した女性に警察から感謝状が贈られました。

大分南警察署から感謝状が贈られたのは、大分市ふじが丘西の団体職員、工藤貴絵さん(36)です。

工藤さんは先月23日午前、車を運転中、大分市光吉の片側2車線の市道で、道路の端を1人で走っていた4歳の男の子を発見しました。歩道にあがるよう声を掛けましたが、男の子は近くにある商業施設の駐車場に走って行ったため、工藤さんは車をとめて追いかけ、男の子を保護し110番通報しました。

(工藤さん)「自分がそのまま素通りして行っても何もなかったかもしれないが、何かあったかもしれないと思ったらその時に声を掛けなかった自分に後で後悔するだろうなと思い声を掛けた」

後藤和樹署長は「迅速で的確な判断だった」と感謝の言葉を述べました。

感謝状を受け取った工藤貴絵さん