岸田総理が5日、選挙応援のため大分入りし、デジタル化で地方活性化を図っていく考えを示しました。

(岸田文雄総理演説)「地方の活力復活のカギはデジタル化であると思っている」

岸田総理は5日、日田市で行われた演説会で、自身が公約として掲げる「デジタル田園都市国家構想」について、少子高齢化や過疎化など地方が抱える課題の解決に意欲をみせました。

(岸田総理演説)「光ファイバー、海底ケーブル、さらにはデータセンター、こういった基盤になる大きなインフラは、国が責任を持って地方にこそ優先的に展開していく」

また、家計を直撃している物価高騰については、政府として覚悟を持って対策に取り組むと強調しました。