8月9日の平和祈念式典で読み上げられる平和宣言文について話し合う2回目の起草員会が、11日長崎市で開かれ、市から素案が示されました。

前回の会合を元に作られた素案では、ロシアによるウクライナ侵攻の際に、世界で核兵器が使われる危機に直面したことなどが盛り込まれました。

(田上長崎市長)「こういう危機を繰り返さないためには(核兵器を)なくすしかないというメッセージを伝える」

委員からは、岸田総理が「防衛力を抜本的に強化する」と表明したことについて触れるべき、被爆者の核廃絶の思いを盛り込むべきなどといった意見が出されました。

(被爆者・田中重光委員)「(このままでは日本が)軍事大国になっていく。そういったことを少し書かないといけないんじゃないかなと」
(被爆2世・佐藤直子委員)「”長崎を最後の被爆地に”というのは私たち長崎からの一番の思いだと思うので」

起草委員会の最終会合は、来月9日に開かれます。