1931年に浦上の1人の信徒が6億円の資産を投じて制作した二十六聖人の無声映画が90年のときを超え、2日、長崎市の浦上天主堂で公開されることになりました。アメリカで上映された"初の日本映画"と言われる作品です…