外来種・ミシシッピアカミミガメ、いわゆる「ミドリガメ」。
島根県松江市内でも大量に繁殖し、問題となっています。
5月、「ミドリガメ」などへの対策として改正外来生物法が国会で可決、成立しましたが、関係者は不安の声を漏らします。なぜなのでしょうか。

「ヨイショ、わ、大きい!」
島根県松江市内を流れる川で捕まえられたのは、首の赤い模様が特徴的な外来種「ミシシッピアカミミガメ」。いわゆるミドリガメです。

今、市内の多くの川で確認されています。
在来種の生態系に大きな影響を与えると、専門家も指摘する厄介者です。

宍道湖自然館ゴビウス 中野浩史さん
「元々すんでいた生き物にとっては、よく似た生活をする外来の生き物は脅威でしかありません。長生きもするし、大きくもなる可能性を秘めた種類です」

さらに驚くのは、その繁殖力の強さです。

畑の持ち主
「卵が孵化して、土の中にいるやつが畑を耕すと出てくるんです。数が年々増えているので恐ろしいです、心配」

川のそばにある畑では、今年、生まれたばかりのミドリガメの子ガメが、大量に確認されていました。

まつえワニの会 遠藤修一 代表
「外来種のアカミミガメ、アメリカザリガニ、ブルーギルを全部捕らないと、減らしていかないと在来種が戻ってきません」

遠藤修一さんは、ボランティアでミドリガメなど外来種の駆除活動を行っています。

活動メンバーは、堀川遊覧船の現役船頭やOBが中心で、去年は2300匹を超える数を回収しました。

仕掛けには在来種もかかります。

「これイシガメ、珍しいです。これがいないんですよ。そしてこれがクサガメです」
Q本来は居て良いカメ?
「居て良いカメです」

遠藤さんらの活動もあってか、今年は仕掛けた網の中に、在来種のカメなどがかかることも増えつつあります。在来種は川へ戻します。

しかしミシシッピアカミミガメについては…

まつえワニの会 遠藤修一 代表
「僕らからするとあまり飼ってほしくないと思いますね。こんな大きくなって、どうやって飼うんですか?こうなっちゃうと川に逃がしちゃうんですよ」

まつえワニの会 小草一政さん
「法改正は中途半端だと思います。基本的には反対です」