もっと早く見つけることはできなかったのでしょうか。新潟市中央区の商業施設の駐車場で止まっていた軽乗用車から、白骨化した遺体が発見されました。車は3年前から止まっていた可能性が出ています。

遺体が見つかったのは、新潟市中央区姥ケ山にある商業施設の駐車場です。8日午後7時ごろ、別の窃盗事件で捜査中の警察官が発見しました。警察によりますと遺体は後部座席の下に横たわる状態で発見され、全身白骨化していて身元は分かっていないということです。

2019年に行方不明者届が出されていた人が乗っていた車で、車内からは2019年10月のレシートが発見されたということです。近くの商業施設の店員は…

【商業施設の店員】「深夜帯でも車が止まっているような駐車場なので、気付けないというのも全然ありえるのかな」

見回り中も「異臭などの異変には気づかなかった」ということです。警察は遺体の身元の特定を急ぐとともに、車中生活をしていた可能性があるとみて調べています。