性的マイノリティ=「LGBT」の中で、生まれた時の戸籍の性別とは異なる性別を認識する「トランスジェンダー」について考えます。戸籍を変更する人もいれば、服装などで性別を表現する人など、様々なケースがあります。

今回、取材したのは、女性から戸籍を変更した男性です。「受け入れてもらうことが生きることにつながる」。自ら思い悩んだ過去と、悩みを口にできる場所の必要性について話を聞きました。【新潟から、SDGs】

トレーニングセットは、どんな時に購入したんですか?
【まさきさん(20代)】「女性の体形、女性としての特徴的な部分が気になって、ジムの更衣室などを使うことに対しての躊躇(ちゅうちょ)があった」

3年前に戸籍を変え、女性から男性に。新潟市に住む、まさきさん(20代)は、生まれた時の戸籍の性別とは異なる性別を認識する、いわゆるトランスジェンダーです。振袖を身にまとった成人式。写真撮影で、無理やり笑顔をつくったのを記憶しています。

【まさきさん】「体が拒絶してたというか、振袖を着て女性らしく写真に写るっていうことに、本当に自分の意思とは違うところで、体がいやだっていう反応してたのかな」

LGBTまたは「そうかもしれない」と思う人を対象に、当事者同士が話をしたり過ごしたりできる「居場所」を提供する団体「にじーず新潟」。まさきさんは去年から、リーダーを務めています。自分の性について思い悩んだ経験を生かしたいと考えたからです。

この日は「居場所」提供の初開催に向け、メンバーと会議。議題の一つが「個別に相談などができるスペースを設けるか」でした。

【まさきさん】「1回目にそういうの(個別スペース)をやっているのは、誰も利用しなかったとしても、出しておくのはいいかなと思う」

話し合いに参加する姿勢は前向きそのものです。

自身の性について悩んできたことは、今振り返るとどう感じますか?
【まさきさん】「皆さん、周りの人も大なり小なりいろいろなことを抱えて生きてらっしゃると思うので、自分の場合は、それがたまたま性別に関することだったっていう…」

ただ、それは今だから言えること。まさきさんが話してくれたのは、幼い頃から抱え続けた悩みを打ち明けられなかった過去です。