「もつけこの 信号見なが 赤だねろ」
「わんか待で わだりてぇ人 先だでば」

こちらの交通安全標語、みなさんは理解できますか?青森県弘前市の城東地区には津軽弁で交通安全を呼びかける看板が設置されています。
約20年前に1作目が発表されてから、SNSで度々話題を集めるこちらの看板。
標語を考えているのは地元の小学生です。
5月に2022年の新作が完成しました。

分かる人には分かる、難解な津軽弁で書かれた交通安全の標語の数々。
考案したのは、弘前市立城東小学校の6年生です。

青森県弘前市の城東小学校


城東小学校では、津軽弁を使った交通安全標語を毎年6年生が制作していて、今年は4人の作品が学校の前に掲示されました。
どの標語もかなりのインパクトですが、地元の人でなければ意味が分かりにくいものばかりです。例えば、こちらの標語の意味は…

「もつけこの 信号見なが 赤だねろ」→「お調子者。信号みてよ赤だよね」こちらの標語は…
「わんか待で わだりてぇ人 先だでば」→「ちょっと待って、横断歩道を渡る人が優先です」