福岡市は、児童や生徒に貸し出しているタブレット端末を活用し、悩みなどを相談できる事業を19日から始めました。臨床心理士などが対応します。福岡市が19日から実施しているのは、児童や生徒に貸し出して…