九州の西の海上を北上する台風4号は、5日の昼前後に福岡県に最接近する見込みです。気象台は大雨や突風への警戒を呼びかけています。

台風4号は4日午後9時時点、長崎県五島市の南の海上を1時間に約20キロの速さで北東へ進んでいます。中心の気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートルとなっています。

台風4号は次第に進路を東寄りに変え、福岡県内は5日の未明から台風の強風域に入り、昼前後に最も接近する見込みとなっています。

台風4号の接近で、九州北部地方では大気の状態が非常に不安定となるため、福岡県では5日朝から局地的に雷を伴った激しい雨が降る恐れがあり、気象台は警戒を呼びかけています。

台風4号による影響も出ています。福岡県内では、春日市や糸島市など一部の自治体で公立小中学校の休校が決まっています。

交通機関では、天草エアラインが4日から6日までの福岡と天草を結ぶ12便の欠航を決めています。
また、JR九州の特急列車「ソニック」「かもめ」「ゆふいんの森」で合わせて16本が運休となっています。