7月16日(日本時間)に開幕する世界陸上オレゴン大会。世界陸上はこれまで17大会が行われ、陸上競技の花形“男子100m”では数々の王者が誕生してきた。その瞬間をプレイバックする第1弾。

■1983年 第1回ヘルシンキ大会
伝説が生まれた瞬間だった。カール・ルイス(アメリカ)が10秒07で優勝し初代王座に。さらに走幅跳、4×100mリレーで3冠を達成。この大会でスーパースターの地位を確立した。

■1987年 第2回ローマ大会
1984年ロサンゼルス五輪で4冠(100m、200m、走幅跳、4×100mリレー)のカール・ルイスとベン・ジョンソン(カナダ)が対決。世界中が注目したレースは9秒83のタイムでベン・ジョンソンが勝利した。しかしその後、1988年のソウル五輪でドーピングが発覚し記録・順位ははく奪。2位のカール・ルイスが繰り上がり金メダルとなった。

■1991年 第3回東京大会
“スーパースター”カール・ルイスと世界記録保持者リロイ・バレル(アメリカ)の対決が注目された。当時30歳のカール・ルイスが9秒86の世界新記録で3連覇を達成。人類で初めて9秒8台で走った瞬間だった。

■1993年 第4回シュツットガルト大会
1992年バルセロナ五輪の金メダリスト、リンフォード・クリスティ(イギリス)が9秒87の自己ベストで優勝。4連覇を狙ったカール・ルイスは10秒02で4位だった。

■1995年 第5回イエテボリ大会
国際大会デビューとなったドノバン・ベイリー(カナダ)が9秒87で優勝となった。華々しいデビューとなったベイリーは1996年のアトランタ五輪で9秒84の世界新記録で金メダル。初めてアメリカ人以外の男子100m世界記録保持者となった。

■1997年 第6回アテネ大会
当時は無名のスプリンターとして出場したモーリス・グリーン(アメリカ)が9秒86の大会タイ記録で優勝、世界記録保持者で前回の金メダリスト、ドノバン・ベイリーは2位に終わった。

■1999年 第7回セビリア大会
1999年6月にアテネ国際で9秒79の世界新記録を樹立したモーリス・グリーン。勢いそのままに9秒80の大会新記録で連覇を達成した。さらに200mと4×100mRでも金メダルを獲得し、3冠。100mと200mの2冠は大会初の快挙だった。

■2001年 第8回エドモントン大会
2000年シドニーオリンピックで悲願の金メダルを獲得したモーリス・グリーンが3連覇を狙い決勝のレースへ。80メートル付近で肉離れを起こし、足を引きずりながらも9秒82の記録で優勝、しかし故障が多かったグリーンはこの大会を最後に国際大会の表彰台から遠のいた。

【世界陸上オレゴン男子100m競技日程 ※日本時間】
予選  7月16日 10時50分
準決勝 7月17日 10時00分
決勝  7月17日 11時50分