30日の福岡県内は各地で猛暑日となる見通しで、今年初となる「熱中症警戒アラート」が発表されています。

県内では29日、行橋市で日中の気温が35.1℃、糸島市で35.0℃まで上がり、猛暑日となりました。

30日の日中も各地で35℃以上の気温が予想され、熱中症の危険性が極めて高くなるとして、環境省と気象庁は、福岡県に今年初となる「熱中症警戒アラート」を発表しました。

30日はなるべく外出を避け、室内で昼夜問わずエアコンなどを使って涼しく過ごすとともに、運動を控えるなど熱中症を予防する行動が必要だとしています。

また、高齢者や子どもなど熱中症にかかりやすい「熱中症弱者」については、こまめな休憩や水分補給を行うよう呼びかけています。