福岡県内有数の大豆の産地である大川市で、効率良く種をまき、生産量をアップさせる技術の実演会が開かれました。二酸化炭素の排出量の削減にもつながるということです。

大川市で開かれた実演会には、大豆農家の約40人が参加しました。28日に紹介された技術は、トラクターに長い爪と短い爪の2種類を装着することで、畑を耕す工程と種をまく工程を同時に進めることができるというものです。

大豆の種まきは、梅雨の時期の天候に左右されてきましたが、一連の作業を効率良く行うことができるため、生育も安定し収穫量が増えるということです。

大豆農家「私自身まだこの技術はやったことないが、先々有効な手段ではあるかなという気はする」

また、燃料の使用量を3分の2に減らすことができるため、二酸化炭素の排出量削減にもつながります。

南筑後普及指導センター 川村富輝係長「これからは安全安心はもちろんだが、環境というのがひとつのキーワードになってくる。大豆を作る上でCO2の削減であったり、環境に貢献できるような、そういった農業が広がっていけばいい」

JA福岡大城などによると、大川市内の大豆農家ではこの技術を利用することで、去年は収穫量が約20パーセント増えました。大豆の収穫量は全国的に減少傾向にあり、新しい技術が収穫量アップにつながればと期待されています。